FC2ブログ

店長の日記2

ARTICLE PAGE

北アルプス 鏡平→双六小屋

P1020697.jpg

朝日が注ぐ双六小屋(スゴロクコヤ)双六岳2860mの麓にあり、ここを拠点に槍ヶ岳や穂高連峰縦走
または、双六岳経由で三俣連華岳や水晶山・鷲羽岳2926mがおすすめ!

今回ここ双六山までは以前記事
新穂高温泉→鏡池
に続き
鏡池小屋一泊

になります。

早朝快晴のかな、日の出前に鏡池小屋から出発!

往復路ですので、山小屋に荷物を預かっていただき軽装で浅野散歩気分です。


ここまでは少し、急な坂を上りますが紅葉が綺麗で楽しみながら・・・

P1020646.jpg
山頂付近はすでに朝日が差し始めています。

明るくなってきた!先には・・・

P1020655_20121012100124.jpg

そう!槍ヶ岳です!

P1020664_20121012100124.jpg

数名の方が山頂にシルエットで見える・・・

朝はもう寒くて池は氷が張っていましたが、朝日が当たると温かい!



P1020682_20121012102847.jpg

鏡池もそろそろ朝日があたる頃かな?
西穂に焼岳その奥に乗鞍岳

P1020677.jpg
弓折通過して広いお花畑です。

開放感あるすごく景色の良い場所です。お天気最高!!

奥に見える鷲羽岳2924m

ここまでちょうど一時間 ご来光を見たりしたのでのんびりペースです。

のぼりはこれでおしまいですので、なだらかな上り下りになります。

P1020679_20121012102846.jpg


あ!!シモバシラ!!

踏みつけると超気持ちいい~

P1020688_20121012102846.jpg

紅葉も綺麗だし、登山道もなだらかで歩きやすいし、何と言っても景色が絶景!!
これだから登山はやめられんね!

そんなこんなで

P1020693(1).jpg
壮大な双六山の隣、影の部分に小屋が見えた!

P1020694(1).jpg

テント場到着です。

P1020701_20121012102845.jpg

コーヒーをいただきました。
山小屋のコーヒーはやっぱりおいしいです。

ここで朝食にします。

おにぎりは、鏡平のお弁当です。
生ビールは、そろそろ山小屋も終わりなので在庫切れでした・・・

P1020702_20121012102845.jpg

双六小屋からの景色!
鷲羽岳が見事!
紅葉もまっ盛りですね!

あっちも行ってみたいですね。

こっちにも行ってみたい

地図を片手に、山々を見るとあれこれと妄想に走ってしまう自分がいます。

来年の楽しみにとっておきます。

ここで、双六岳に登るか?悩みましたが今回はのんびり登山を目標にしていますので
これで復路になります。

太陽も上がってきて気温も上昇してきたので、朝の寒さからは解放です。

帰りましょ^^

P1020705.jpg

テント場もみなさん撤収準備です。
奥に見える日本百名山 笠岳

P1050803_20121012122645.jpg


このテント場なんか良いひろい場所に、池があり下も平らで寝やすそうです。


次回はここ、お勧めかな?涸沢に比べたら寝やすいみたいね

戻りましょ

P1050804_20121012122737.jpg

双六谷の色彩は絶妙で規模がデカ過ぎです!

なんていうことでしょう~って言いたくなりますね!

P1050820_20121012114847.jpg
お花畑で槍ヶ岳を望む・・・

P1050835.jpg

下山道に槍ヶ岳
紅葉も素晴らしい
下には鏡平

P1050837.jpg
奥さま 紅葉の葉に囲まれて下山を撮影!

P1050842.jpg

紅葉と弓折岳にお月さま

どもを見ても綺麗の一言

P1050856.jpg

鏡平小屋に到着です。
とりあえず生ビールと行きましょう!

相席した、若いカップルさんもビール最高~っていっていたので 乾杯しました。

お昼ごはんをここでいただいた後は、荷物をザックに詰め込んで下山です。

P1020713.jpg

この景色を見たかった、晴れて本当によかった^^

P1020721_20121012115221.jpg

お名残り惜しいけど、これから下山です。
11時40分ってことでかなりゆっくりくつろぎました。

P1050882.jpg

わさび平まで下山して小腹減ったのでカレーをいただき。

新穂高温泉に到着は16時でした。

温泉にゆっくりつかって山歩きの疲れを取り

自宅までの家路につきました・・・・

この時期は、涸沢はピークで満員ですが、同じ北アルプスとは思えないほど登山者も少ない

穴場的ルートですので、行列嫌いな方はお勧めできますよ^^



スポンサーサイト



トレッキング_北アルプス_双六小屋

コメント 0

コメントを書く